DTIのServersMan SIMを解約した

 MVNO黎明期に登場したDTIのServersMan SIMというサービスを解約した。毎月定額500円という低価格が特徴の回線で、nexus7 (2013)をGoogle Mapsでカーナビ替わりに使う上では特に不満はなかった。もちろん、低価格なのには理由があって、250Kbpsの低速回線である。個人的にauiPhoneWiMaxルーターを契約しており、速度が必要な用途ではそちらを使えばよく、たまに使うサブ回線としては申し分なかった。

 解約のきっかけはDTIから「うち、サービスやめるわ。でも、トーンモバイルにサービス移管するから引き続き使えるよ。」という趣旨の案内が来たこと。DTIに好印象を持っていたわけでもないが、MVNO事業に参入する前からプロバイダ業をそれなりに長く営んでいる実績がある会社である。が、(失礼ながら)移管先の会社を私は知らないし、見落としているだけかもしれないが、ニュースサイトでも目にした記憶がない。知らない会社に個人情報もろとも引き継がれるなら解約すっかと思った次第である(なお、軽くググってみるとTSUTAYAやT-POINTでおなじみのCCCとFreebitによるMVNOらしい)。

 最近は多数の事業者がMVNOに参入していることもあり、高速回線でも容量制限付きで安く契約できるため、必要に応じて他のSIMを契約してみようという思惑もある。

そういった理由により解約手続きを行った。以下はその記録である。

  1. MyDTIから契約中サービスを開き、[解約]を押下
    (ごく普通の画面構成)
    f:id:kachine:20151023225005p:plain
  2. 遷移先画面で[退会手続きへ進む]を押下
    (ユーザの誤操作でないことの確認のために入れているであろう画面)
    f:id:kachine:20151023225021p:plain
  3. 遷移先画面で[その他]を押下
    ([戻る]以外のボタン形状が突然変わり、次画面への遷移が判りにくい画面構成)
    f:id:kachine:20151023225037g:plain
  4. 遷移先画面で[解約のお手続きを進められるお客様はこちら]を押下
    (何とかして収益を生もうと画策する画面だが、この画面も遷移ボタンが判りにくい)
    f:id:kachine:20151023225048p:plain
  5. 遷移先画面で[退会手続きへ進む]を押下
    (解約理由は2つ前の画面で選択しているが、ここで再度問われる)
    f:id:kachine:20151023225102p:plain
  6. 遷移先画面で[退会を申請する]を押下
    (ごく普通の画面構成だが、25日までが当月末退会でそれ以降は翌月扱いってのは3つ前の画面にも書かれていた)
    f:id:kachine:20151023225114p:plain
  7. 表示されたダイアログで[OK]を押下
    (ここだけPopUpで強い注意喚起の意図と思われる、ユーザ誤操作でないことのバリデーションダイアログ)
    f:id:kachine:20151023225123p:plain
  8. 解約申請完了
    (ごく普通の画面構成)
    f:id:kachine:20151023225134p:plain

 こうして振り返ってみると解約フローに必要のない画面が2つほど挟まれていたことが判る。後続画面と内容が重複していたり、単なる広告だったりする画面においては(意図的に?)UIが統一されておらず判りにくい遷移方法となっている。「解約率を低下せよ」とか「他社からインセンティブを稼げ」とかいう上層部からの要求に対して、苦し紛れに後から適当に追加したのだろうか。

 と、変な邪推をして終わりではない。契約時に、「解約時にはSIMを返却せよ、さもなくば違約金を請求するぞ」といった趣旨の注意書きを見た記憶があるのだが、一連の画面遷移でSIM返却について何も言及されなかった。ちなみに、最後の画面にある[各プランごとの手続きについて ~申請から解約後まで~]のリンク先を見てもServersMan SIMのことは触れられていない。

 このまま放置して違約金取られるようなことがあっては堪らないと、FAQを検索しようとすると、サジェストのグラフがすべてを物語っている。皆さん同じ疑問を持つのであろう。

f:id:kachine:20151023232901p:plain

 結果的には違約金おいしいですという悪質な姿勢なわけではなく、返却キットを送るから、それで返送してねということなのであった。

f:id:kachine:20151023233117p:plain

 

 上記の一連の画面遷移は1カ月ほど前に行った解約申請のものであり、現時点では既にServers Man SIMはDTIから移管されており、今解約しようとするとどうなのかは知らない。ただでさえ自社サービスではなくなるんだから、そんなものの解約手続きを改善しようなんて投資判断はしないだろうけど。

 と、思ったらDTIが新たにMVNOサービス始めてた。その名もDTI SIM。月600円で1GBですって(他社にサービス移管か、初期費用無料で新サービスに乗り換えか選べるようにしてくれれば解約しなかったかも)。

 とまぁ、多少批判的なことも書いたけど、冒頭に書いたようにサービスそのものには特別不満は無かったのです。解約周りが多少不親切だよねというだけの話なので、新サービスの改善に活かされますように。

広告を非表示にする