読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Black Fridayのお買い物

雑記

今年もBlack Fridayに伴うセールが始まってますね。日本ではあまり馴染みのない方が多いと思われるBlack Fridayを簡単に説明すると、アメリカの感謝祭*1の翌日の金曜日のことで、例年クリスマス商戦の始まりとなっています。近年では、その週末を挟んだ翌月曜日をCyber Mondayと言ってオンライン商戦が始まったりもします。とは言え、Black Fridayにセールを開始するオンラインショップも多数あるわけで、Black FridayCyber Mondayの違いを意識する必要はあまり無く、この辺りの日々は海外通販がお得な日という感じの認識で問題ないと思います。
3年くらい前なら超絶な円高で、国際送料を含めてもかなりお買い得感がある商材が多かった印象なのですが、昨今の円安トレンドの最中ではあまり魅力が無くなっているような気もします。が、今年は明らかにコストメリットがある商材を見つけてしまったので今年は2点ほど買い物しました。




  • Panasonic LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH.
    • マイクロフォーサーズ単焦点レンズ。
    • ブラックフライデー当日の価格.comの最安値が25500円のところ、たったの99.99ドル。
    • B&H Photo Video, Adorama共に同価格だが、配送料の安い(7.16ドル)B&Hで購入。
    • 日本メーカーの製品が国内より安いことは稀によくあるものの、メーカーによっては日本国内で保証が効かないなどのトラップがある(国際保証になってれば大丈夫なはずだが、Panasonicは購入国での保証なので日本で保証は効かないと思われる)。
    • ちなみに海外市場向けのPanasonicのカメラ本体は言語切り替えで日本語が選択できない(全モデルかは知らないが、少なくともLX7はそうだった)。


  • Xiaomi Yi
    • Xiaomiのアクションカメラ。
    • GoProもどきの中でも、SonyのExmor搭載で比較的高画質。
    • さらにスクリプトでゴニョゴニョするとアクションカムなのにRAWで静止画撮影出来たり動画ビットレート上げたりいろいろいじれるらしい。
    • そもそも日本国内では正規に流通しておらず、並行輸入品が1万円超程度で販売されているところ、僅か62.89ドル。
    • GearBestで配送料無料で購入。


結局日本円でいくら払うのか、適用される為替レートがクレジットカードの明細が来ないと解らないのが嫌な感じではあります。とは言え、昨今のマーケットの為替レートが123JPY/USD程度ですので、カード会社のぼったくりレートで135JPY/USD程度となったとしても十分に安いですね。
なお、日本へ個人輸入する際に、カメラやレンズには関税はかかりません。1204 主な商品の関税率の目安(カスタムスアンサー) : 税関 Japan Customs
さらに、16666円以内であれば消費税もかからないので、今回はかからない見込みです。

サイトによっては日本時間12/1現在まだ間に合いそうなものもあるようなので、ご参考までに。
※何かトラブルがあっても私は一切責任持てませんので悪しからず。

*1:11月の第4木曜日

広告を非表示にする