読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Adobe Photoshop写真業界向けプログラムを解約してCCフォトグラフィプランを契約した

最近、Adobeがお得なプロモーションを乱発している感じがします。
特定メーカー*1のユーザ限定で割引の案内がされていたり、Amazonでも割引キャンペーンが実施されていた*2りするようです。

例えばフォトグラフィプランはプロモーション時に20%OFFになっていることが多いようで、新規ユーザはお得に契約できます。
が、既存ユーザには特にメリットがなく、新規ユーザのみ優遇する通信事業者のような施策です。




過去に期間限定でAdobeCC製品のうちPhotoshopLightroomが使える月額1000円の「Photoshop写真業界向けプログラム」というプランがあり、私はそれを契約していました。
その後、現行の月額980円の「Creative Cloud フォトグラフィプラン」が登場すると、上記プログラムの既存契約者もフォトグラフィプランと同一サービス(Photoshop, Lightroom, TypeKit)で同一価格(月額980円)になりました。

私の場合「Photoshop写真業界向けプログラム」の契約更新月がこの12月だったことと、ASUSユーザー向けの20%OFFプロモーションが来ていたこととから、タイトル通り「Photoshop写真業界向けプログラム」を解約し「Creative Cloud フォトグラフィプラン」を契約しました。
わずか月200円弱の差ですが、ちょっとした節約*3になります。

以上、同じような状況の方のご参考までに。

*1:OLYMPUSASUSなどのユーザ向けに実施されているようです。

*2:2015/12/2現在、当該キャンペーンは終了しています。

*3:節約したいならLightroomを使わず、各カメラメーカーの提供するRAW現像ソフトを使えばいいじゃないかという考えもあるかと思いますが、複数メーカーの機材を利用していると、単一のソフトウェアで各社のRAWデータを同じように編集できることは大きなメリットです(但し、相変わらずMerrill以降のFOVEONセンサは扱えない)。