Black Fridayのお買い物-後日談

先日以下の記事を投稿しました。
wave.hatenablog.com
この決済情報がクレジットカード明細に計上されてきたので、請求額や配送状況などをご紹介したいと思います。
海外通販を検討している方のご参考までに。



金額編

項目 金額
レンズ本体 99.99 USD
配送料 7.16 USD
支払合計 107.15 USD
カード請求額 13382 JPY

1ドル約124.89円相当のレート(B&Hで日本時間11/27に購入)
外国為替市場における11/27の終値122.82USD/JPYと比較して2.07円割高なレート

  • Xiaomi Yi
項目 金額
カメラ本体 62.89 USD
互換バッテリ 2.67 USD
支払合計 65.56 USD
カード請求額 8219 JPY

1ドル約125.37円相当のレート(GearBestで日本時間11/29に購入)
→(11/29は外国為替市場が閉まっているため)翌11/30の初値122.79USD/JPYと比較して、2.58円割高なレート


結果的に、今回のBlack Fridayの買い物では概ね当日のマーケットレートに3円程度上乗せされた為替レートと見積もっていれば良かったようです。
なお、前回の投稿に記載した通り、この品目は関税率0%であり、この金額であれば消費税の課税対象外であるため他に発生する費用は無い(はず)です。

外貨建て決済時の注意

一般に、クレジットカードによる外貨建て決済だと購入時点では厳密に何円請求されるのか不明確です。
利用するクレジットカードによって、適用される為替レートも手数料も異なります。
例えばVISAなら以下のURLで公表されているようです。
https://usa.visa.com/support/consumer/travel-support/exchange-rate-calculator.html
ですが、ご利用のカードのBank Feeが何%か解りますか*1
さらに以下の記述があるように、実際の利用日とVISA側の処理日に違いがある場合があったりするので、正確な金額は後日請求されてみないと解らないのです。

Rates apply to the date the transaction was processed by Visa; this may differ from the actual date of the transaction.

故に、国内より多少安いという理由だけで海外通販を利用すると、思ったほど安くないといった事態が起こり得ます。
場合によっては、配送料を加味するとむしろ高い、製品によっては日本国内でメーカー保証が効かない、など、何のメリットもないこともあり得ますので、利用には慎重な検討が必要です。
中には円建て決済が可能なサイトもありますが、そこで用いられるレートがクレジットカード決済より不利なこともありますので、円建て決済が可能でも通貨の選択には慎重な方が良いでしょう。



配送編

12/11現在、未だ入荷待ちで発送されていない。
日本国内価格の半額に近い価格であることから、相当数のバックオーダー抱えているのでしょうか。
B&Hでは過去にも複数回購入していることもあり、特に不安は無いので気長に待つしかないですね。

  • Xiaomi Yi(本体)

12/5に発送した旨とHUNGARY POSTのShipping Numberの連絡があった。即ち、ハンガリーから発送ということらしい。
概ね営業日ベースで10~25日程度で届くと書いてある。
12/11現在、ハンガリーポストのサイトでトラッキングするも、情報未登録状態(日本郵便から検索してももちろん同様)。
即時、或いは即日反映される日本の配送業者を当然だと思ってはいけないのだろうけど、ちょっと遅すぎやしませんかね。
GearBestで購入するのは今回初めてなのだけど、ハンガリーポストに引き渡したとされる私の住所宛のラベルが張られた小包の画像も連絡メールに張られていたりするので、悪徳業者という心配は無さそう。

  • Xiaomi Yi(の互換バッテリ)

12/8に発送した旨とSweden surface mailのShipping Numberの連絡があった。即ち、スウェーデンから発送ってことらしい。
概ね営業日ベースで10~45日程度で届くと書いてある。
surface mailというのは、いわゆるair mailの海上輸送版という解釈でいいらしい。
12/11現在、Sweden surface mailで検索して出てくるposten.seの以下の画面で、Tracking items abroadをクリックすると、まさかの404画面へ。
Spåra brev, paket och pall
試しに、上記の画面から検索かけるとヒットせず。検索結果画面に海外便は非対応と書いてある。
ああ、だからGearBestからの連絡には"Tracking Number"ではなく"Shipping Number"って書いてあったのか。
改めて日本の配送業者って凄いんだなぁと思う次第。


といった状況。
日本の配送業者を普通だと思っていると、GearBestの配送業者が色々な意味で凄まじいなと感じるのだけれど、冷静に考えれば配送料無料なので仕方ないかと。
それが嫌ならDHLやEMSも有料で選択できるので、配送の速さやトラッキングの確実性を求めるのなら、それらのオプションを利用するべきでしょう。

なお、別な海外通販でアジア圏(香港や韓国)から国際郵便で送られてきた時には早くて数日、遅くても半月程度だった経験があります。
航空便と違い船便であることを踏まえると、今回のように北欧・中欧からの発送となる場合、物理的に遠い分だけ時間もかかるのだと思われます。

// そもそも製造国を考えると香港辺りから送ってきた方が近くて安くて合理的な気もします。
// で、興味本位でHong Kong Postを調べると、バッテリが危険物扱いとなり発送できないらしい。
// 各国事業者の規制・規則を調べ上げ無料配送を実現しているなら、GearBest凄いかもしれない。

*1:私は楽天カードのVISAを使いましたが、「カード会員規約」を参照してもそれらしい記述は見当たらず、解りませんでした。

広告を非表示にする