読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

auを解約した

 昨年末のことになるが、Xperiaで使っていたau回線を解約した(前後して、mineoのAUプランに加入したのだが、それはまた別の話)。それに伴って得た知見を記載する。



解約手段

  • オンラインで解約できない。
  • 電話でも解約できない。
  • (家電量販店など一般の携帯電話取扱店ではなく、)auショップに行き解約手続する必要がある。

といった事がサポートサイトに掲載されている。
au携帯電話を解約する場合、どうすればい… │ au Q&Aプラス

ちなみに3キャリアともMNPで転出する時は電話やオンラインで手続きできても、解約はキャリアのショップにて手続きが必須みたいですね。

解約手続き時に持参するもの

といった事が、前述のサポートサイトに掲載されている。だが、実際に私が行った店舗では、免許証を提示したのみで、印鑑、端末、SIMカードは必要なかった(解約書類の署名は求められた)。

解約手続き時に説明を受けた主要な内容

  • 違約金

⇒二年縛りの更新月ではないために違約金が発生する旨の説明を受けた(想定通り)。

  • 端末の残金

⇒私の場合は無い(想定通り)。

  • ペーパーレス化

を推進しているため、解約書類を渡さなくてよいか確認を求められたため同意した。このため手続き完了の証跡は私の手には一切なく、万一トラブルが生じた際には不安かも。

予想外だった点

  • 引き留め工作が一切ない

 ネットの情報を見るに、多少の引き留めトークなり営業活動があるものかと思っていたら、全く無かった。解約したい旨を告げると、「かしこまりました。それではお客様情報の確認をさせていただきます」といった感じで、直ちに解約手続きを開始してもらえた。私が行ったのが年末というか大晦日当日で、スタッフに余力がなかったためかもしれない。このため、待ち時間を除き手続き時間そのものは5分程度しかかかっていないように記憶している。待ち時間さえ許容できれば(店員さんからしたら迷惑極まりないだろうが)、年末や月末などに手続すればサクッと解約できるのではないだろうか。
f:id:kachine:20160124011039j:plain




以上。

広告を非表示にする