読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルマンドホワイトを見つけた

雑記

 ブルボンのルマンドという菓子がある。子供のころからあったと記憶しており、幅広い世代に認知されているポピュラーなお菓子なのではないかと(勝手に)思っている。何層にも重なってサックリした生地の食感が個人的には大好きである。そんなルマンドであるが、最近になってルマンドホワイトというバリエーション製品を見つけたので買ってみた。
 メーカーサイトによると、ルマンドホワイトは期間限定商品ということになっている。
ルマンドホワイト 商品情報 | ブルボン
 当然ながら通常版のルマンドには期間限定の文字は無い。ちなみに昭和49年発売ということで、やはり私が子供のころから存在していたどころか、私より年上の大先輩である。
ルマンド 商品情報 | ブルボン
 

比較

f:id:kachine:20160215235624j:plain
 1本当たりの成分表示を比較してみると、以下の通り。

ルマンド ルマンドホワイト
エネルギー 37kcal 37kcal
タンパク質 0.4g 0.4g
脂質 1.5g 1.7g
炭水化物 5.4g 5.1g
ナトリウム 10mg 10mg

 なお、通常版もホワイトも1本は標準7.4gで同一質量とされている。差異としてはルマンドホワイトの方が脂質が0.2g多い一方、炭水化物は0.3g少ないことが読み取れる。ちなみに私が購入した販売店では、通常版もルマンドホワイトも同一価格であったが、通常版13本入りに対し、ホワイトは11本入りである。すなわちホワイトの方が約18%高価な商品であると言えよう。

書いてて気づいてますけど、数値で比較云々するのが適切な題材ではない。食べてみればいいと思う。
 

感想

f:id:kachine:20160215235801j:plain

  • ルマンドホワイトも通常版と変わらないサックリ感
  • 外側のコーティング状のクリームが、ホワイトの方が若干柔らかいように感じた。(味ではなく物理的な硬さ。)
    • 脂質が0.2g多い差がこの柔らかさに繋がっている?
    • パッケージに表示された保存方法が、通常版「直射日光、高温多湿をおさけください。」に対し、ホワイト「直射日光をさけ、28℃以下で保存してください。」であることからも、脂質が増えている分だけ溶けやすい=柔らかい?
  • 味はホワイトっぽい味がする。何の味かは明確には解らないのだけど、ミルク系の味に感じる。
  • 通常版とどちらが美味いという話ではなく、味のバリエーションとしてどちらもアリだと思う。
  • ホワイトも定番商品化すればいいのに。量産が困難な事情があるなら半数ずつ混ぜだアソートパックとか出せばいいのに。

 

補足

 遡ること2014年に以下の記事が出ていた。
ブルボンが冬季限定「ホワイトシリーズ」発売 「ルマンドホワイト」「アルフォートバニラホワイト」など6種類 - ねとらぼ
 そして、2015年には以下の記事が出ていた。
冬限定のルマンドホワイト ブルボン:朝日新聞デジタル
 ということで、通期の定番商品ではないものの、事実上冬季の定番商品と化しているようである。いつまで販売されているかは明示されていないので、ルマンド好きは早めに試してみた方がいいと思う。

ブルボン ルマンドホワイト 11本×12袋

ブルボン ルマンドホワイト 11本×12袋




以上。

広告を非表示にする