4K対応したXiaomi Yi2が登場

 格安かつSONY製センサ搭載でコストパフォーマンスに優れたXiaomiのアクションカムYiに、新たに4K撮影に対応したYi2が登場したようです。
YI 4K Action Camera

 現時点では未発売ですが、GearBestでは$249.99でPreSale中で6月末以降に出荷予定となっています。
Original Xiaomi Yi 2 International Version WiFi 4K Sports Action Camera -249.99 and Free Shipping| GearBest.com

 挑戦的なことにGoPro HERO4 Blackとの比較が公式サイトに掲載されていますので、本投稿では従来機Yiと比較しつつ、Yi2のスペックを見たいと思います。
 

比較表

Specs Yi2 Yi
Image Sensor SONY IMX377 SONY IMX206
Sensor Size 1/2.3 1/2.3
Sensor Pixels 12.35MP 16.35MP
Image Processor Ambarella A9SE75 Ambarella A7LS
Lens Angle 155 deg 155 deg
Lens Aperture F2.8 F2.8
Lens Material Glass Glass
Image Stabilization 電子式
Display
Touchpanel
Max Video Resolution 3840x2160@30fps 2304x1296@30fps (FW Upadate前は1920x1080@60fps)
High Video Framerate 240fps@720p, 120fps@1080p, 60fps@1440p 240fps@480p, 120fps@720p, 60fps@1080p

 

注目ポイント

 SONYの裏面照射型Exmor(Exmor R)センサと、Ambarellaのプロセッサが順当にUpgradeされた正常進化モデルであると読み取れますが、主要な注目点は以下の通りかと。

  • 4K(3840x2160@30fps)撮影対応
  • 各フレームレートで撮影可能な解像度が向上
  • 同一センササイズを維持したまま、約75%に画素数が減ったため画素当たりの面積が大きくなったため、ダイナミックレンジ向上が期待できそう
  • 電子式手ぶれ補正対応
  • タッチパネル付き液晶ディスプレイを新規搭載
  • レンズは変化が無さそう
  • IMX377は4K 60pに対応しているが、A9SEが4K 30p止まりなので、従来のYiのようにFirmwareのUpgradeによる解像度やフレームレートの向上は期待できなさそう

Sony Global - Products IMX377
Amballera A9SE Datasheet(PDF)

 といった感じでしょうか。

 なお、搭載されているSONY IMX377はGoogle Nexus 5X(LG)やNexus 6P(Huawei)の他に、auの2016年夏モデルとして国内投入されるHTC 10などにも採用されているようです。
 これらのスマートフォンがAF対応である一方、アクションカムであるYi2は従来モデル同様に固定フォーカスとなっています。

 個人的に従来のYiはフォーカス位置に不満があり、Yi2で改善されているのか興味があるところですが、発売後にサンプル動画が出回ってから改めて考えようかと。
 まだ発表直後のため、価格的にもまだ下落余地はあるでしょうし、国内でWiFiを使用するなら電波法の問題も相変わらずあるわけで…
 といった観点からは、前述のようなスマートフォンも魅力的だったりします。

 蛇足ですが、国内版の価格発表はまだですが、より高画素で4K対応のIMX298やIMX318を搭載したASUS Zenfone 3シリーズも、グローバルでボリュームゾーンを狙った製品だけに価格面は期待できそうです。
 と考えると、急速に拡大したアクションカム市場も、コンパクトデジカメのようにスマートフォンに飲まれてしまうのでしょうかね。
 



以上。