読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAGIXからWelcome to MAGIXというメールが届いた

 先日以下の投稿で、Sony Creative Softwareの大多数の製品が顧客情報と共に独MAGIXに売却される旨を記載しました。
wave.hatenablog.com

 私は今後もユーザサポートやバージョンアップ時の優待販売などに期待して、顧客情報売却のオプトアウト手続きを取りませんでした。その結果、めでたく(?)MAGIXより初めてのメールが日本時間7/29に届きました。
 

売却完了?

 MAGIXが私にメールを送ってきたということは、Sony Creative Softwareから私のメールアドレスを含む個人情報が売却された、すなわちソフトウェア製品とそのユーザ情報の売却が完了したということを恐らく意味しているのだと思います。

 ですが、Sony Creative Softwareのサイトを見ると、7/31現在でもVegasやACIDやSoundForgeなどの売却対象製品が相変わらず自社製品のように掲載されています。
Sony Creative Software - Vegas video - ACID & Sound Forge audio editing

 同様に、日本代理店のソースネクストのサイトでも、SONY製品として販売されています。
ソニーのソフトは、ソースネクストで|SONY製品ソニーのソフトは、ソースネクストで|ソースネクスト

 これらの状況から察するに、契約上は売却が完了していないのに、顧客情報だけ先行して引き渡したのでしょうか?
 或いは、SONYブランドを不正に利用した有利誤認と判断されかねない販売手法で国内販売を継続しているのでしょうか?
 いずれにせよ、個人的には心象悪いです。キリのいい8/1付で変わったりするのでしょうかね?
 

MAGIXから来たメール内容

f:id:kachine:20160731090531p:plain
 ドイツの会社ですが、ドイツ語ではなく英語でした。まずは、今後のサポートも英語で困らなさそうなので一安心。
 で、メールのタイトルは"Welcome to MAGIX"なのですが、バナー画像より前の本文1行目が"Exclusive Welcome Offer: 50% OFF"と。
 商魂たくましく、いきなり特別50%OFFですってよ。
 
 本文を読み進める前に、このバナー画像は旧Sony Creative Softwareの製品群のパッケージ画像からSONYロゴが抜けたものに見えます(以前は各パッケージの右上にSONYロゴが入っていた)。結局、売却が完了しているのか、いないのかよく解りませんね。

 本文を適当に意訳すると、

MAGIXファミリーの新たな一員としてあなたをお迎えできて大変興奮しており、感激しています。
MAGIXによる主要なSony Creative Software製品の公式な取得によって、多くの有名なマルチメディアソフトウェアソリューションが一つ屋根の下に結集しました。
新たに取得したソフトウェア製品のいくつかについて、さらにエキサイティングになるよう我々は既に開発作業を行っています。絶対に気に入ってもらえると思いますので、チャンネルはそのまま!
あなたが我々の初のリリースに備えるのを手助けするため、MAGIX PC Check & Tuningを50% OFFで提供したいと思います。
時代に先駆けて一緒にクリエイティブになるのを楽しみにしています!

 といった、感じになるかと。
 とりあえず、手に入れた顧客情報を使って自社のPC最適化ソフトの優待販売しまーす。広告メールっぽくてうざいかもしれないけど、メール購読解除しないでねって感じなのでしょうか。
 真面目に、深読みすると次期バージョンは機能追加で重くなるから覚悟してねってことなのかもしれません。

 ちなみに、この優待販売は7/31までと書かれており、メール送信日を含めたったの3日間だけしかありません。だらだらと頻繁に(褒め言葉)セール価格になっていたソースネクストとはだいぶ異なりますが、今後の国内販売はどうなるのでしょうか。MAGIXの直販になるのか、従来同様国内代理店が入るのか、こちらについてもよく解らないままです。
 ところで、このMAGIX直販の優待販売のページを見ると、価格はユーロ建てで表示されています(ドイツ企業だから当然かもしれませんが)。対円でドルとは異なった為替変動をするので、今後の製品価格も従来とは異なった価格設定になってくる可能性もありそうです。ギリシャや、昨今の英国のEU離脱騒動でも大きく円高方向に傾いたのは記憶に新しいですが、純粋な経済動向というよりは、政治状況に振り回されるのは一般消費者としては勘弁願いたいところ。国内代理店が入ったところで、それらの為替変動リスクを踏まえた割高な価格設定にせざるを得ないでしょうし。

 なお、メールの末尾付近には、"If you no longer want to receive information from MAGIX, you can unsubscribe here."というリンクがあるので、そちらからメール購読を解除することができるようです(大量にメールが来るのでもなければ、stay tunedしたままでいようと思いますので、私はもう少し様子見)。
 



以上。