読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nexus 5Xの処分が始まった?

モバイルデバイス

 GoogleブランドのNexus 5Xですが、今年の春先にexpansys(海外通販)で3万円程度で販売されて話題になっていましたが、それ以降は目立った安売りはなかったように思います。また、そもそも国内での安売りというのは無かったのではないでしょうか。ところが、今になって未使用品扱いながら16GBモデルが秋葉原の店頭で29800円で販売されているようです。
限定100台!Nexus 5Xの未使用品が税込29,800円で販売中、国内SIMフリー (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!
 

 (※記載の価格は投稿時8/12時点のものです)
 

 Nexus 5Xは正規ルートでは国内ではGoogle直販、Y!モバイル、docomoの3つのチャネルで販売されていますが、それぞれ以下の価格となっていました。

販売元 16GB 32GB
Google Store ¥52300 ¥56400
Y!mobile オンラインストア ¥51948 ¥64908
docomo オンラインショップ - ¥93312

※キャリアの価格は端末価格。ここから契約プラン等に応じた割引がある。
 
 これらの正規ルートでの流通価格は、発売時よりは下がっている*1ものの、「安売り」という感じはしません。
 

 一方、Amazonで探してみると、並行輸入品が秋葉原の店頭よりは若干高いものの3万円ちょっとで販売されています。

 

 といったことから察するに、秋葉原の店頭で売られているものはおそらく並行輸入品なのではないかと思われます。

 そこで、海外通販を探してみると、expansysでは既にNexus 5Xは扱っていないようです。
 1shopmobileでは扱いがあるようで、16GBが235 USD、32GBが265 USDとなっており、1ドル102円計算で16GBが23970円、32GBが27030円になります。こんな感じの価格で仕入れて、経費や粗利を適当に乗せて秋葉原の店頭やAmazon等で販売しているのかもしれませんね。
 

 以上より、海外市場では既に処分扱いなのか、単にプライシングが違うのかはよくわかりませんが、国内で処分が始まったわけではなく、内外価格差を利用した安売りのように見えます。Nexus 5X発売直後の為替レートは120円前後だったことを考慮すれば、国内正規ルートの価格設定も理解できなくはありませんが、今現在このプライシングで買うのはばかばかしくも思います。
 逆に価格を理由に購入を躊躇していた人にとっては、並行輸入品の購入や、海外通販にチャレンジするのも悪くない選択ではないかと思います。不安な点としては、並行輸入品の故障時の修理が日本国内で可能かどうか不透明な点くらいでしょうか。なお、検索するとNexus 5Xは海外版でも技適マークの表示が可能であるという記事が複数ヒットしますので、それが事実であれば電波法の問題も無く、合法的に利用可能です。
 



以上。

*1:Google Storeでは16/32GB共に発売時より7000円低下。

広告を非表示にする