読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Adobe Lightroomの動画キャッシュの削除

画像処理 PC

 SSDの入れ替えや増設ができないUltrabookでWindowsAdobe Lightroomを使用していますが、動画キャッシュと思われるファイルが蓄積され、4.6GBにも達していました。

 ただでさえ少ないストレージ容量を逼迫し邪魔なため、移動または消去したいと思ったのですが、検索してみてもユーザーフォーラムでのやり取りは見つかるものの、Adobe公式の回答は見付けられず。また、LightroomのUI上からの削除もできるようですが、即時削除されないような挙動をするとの書き込みも見受けられたので、どうしたものかと。

 結論を先に書くと、私の環境で試した限りでは、当該ディレクトリをエクスプローラ等で物理削除しても問題ないことが判りました(何の保証もできませんので、実行される際は自己責任となります)。
 以下、この結論に至るまでの過程を示します。
 

前提環境

OS
Windows 10 Home (1607)
Lightroom
2015.7 (Build 1090788)

 

肥大化したディレクト

 以下のMedia Cache Filesディレクトリが肥大化していることに気付きました。

C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\Adobe\Lightroom\Caches\Video\Media Cache Files

 当該ディレクトリには単一の映像ファイルごとに以下のように*.cfaと*.pekファイルが対になって、合計約4.6GBも生成されていました。

2016/11/06  15:06         3,145,728 P1560384.MP4 48000_2.cfa
2016/11/06  15:06            12,356 P1560384.MP4 48000_2.pek
             399 個のファイル       4,641,899,808 バイト

 なお、付近のディレクトリ構造を確認すると以下のようになっています。

C:\USERS\%USERNAME%\APPDATA\LOCAL\ADOBE\LIGHTROOM\CACHES
+---Adobe
|   \---Lightroom
+---Sync Data
|   \---Avatars
\---Video
    +---Media Cache
    \---Media Cache Files

 ということで、横並びの階層にMedia Cacheというディレクトリも存在するようです。

C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\Adobe\Lightroom\Caches\Video\Media Cache

 こちらのディレクトリも確認してみると、以下のような*.mcdbというファイルが200個近く生成されていました。数は多いものの、こちらは小さなファイルでMedia Cache Filesのように肥大化はしていません。

2016/10/30  00:57               883 fd26591b-ce3c-3574-c431-4668000001cf0.mcdb
2016/11/01  01:19               834 fd7042e8-8bc6-83ae-d1b7-fa92000001870.mcdb
             184 個のファイル             175,287 バイト

 (完全に想像ですが、)拡張子のmcdbがMedia Cache DataBaseを意味しているのであれば、Media Cache Filesの管理情報が格納されているのではないかと考え、こちらも同時に始末した方が良さそうに思えます。
 

実験

 Media Cache Files、Media Cacheの両ディレクトリを削除してLightroomが起動しなくなったり、挙動不審になったりしては困るので、まずは削除したのと同等の状態を作って試してみます。

 当該ディレクトリがLightroomに認識できないよう、別の場所に退避後にLightroomを起動したところ、何事もなく普通に起動しました。
 但し、ライブラリモジュールで動画ファイル(※静止画には影響ありません)を表示させると、以下のようにSDカード等からの読み込み直後と同様にサムネイルが表示されない状態となりますが、順次徐々に表示されます(そして新たにキャッシュが生成され始めます)。
f:id:kachine:20161110081406p:plain
 

削除

 実験結果の挙動から、両ディレクトリを削除しても問題ないと判断しました。

 Lightroomを終了後、両ディレクトリの削除を試みましたが、ファイルが使用中のため削除できないというエラーが表示されました。
 調べてみると、以下の投稿にも記したdynamiclinkmediaserverが動いています。どうやら、dynamiclinkmediaserverが非同期処理で動画ファイルを読みつつ、これらのキャッシュを生成しているようです。
wave.hatenablog.com
 dynamiclinkmediaserverのプロセスを殺した後、当該ディレクトリの削除を再試行すると削除が完了します。
 この対応で今のところ特に問題は起きていません。
 

補足

 Lightroomの環境設定UIから、キャッシュクリアや動画キャッシュのサイズ制限が行えそうになっています。本来であれば、こちらのUIから行うべきですが、「行えそう」という微妙な表記にしているのは、ユーザーフォーラムに投稿されていた即時削除されないという事象や、私の環境ではキャッシュサイズ制限が効いていないという事象から、正しく機能するのかよく解らないため。

動画キャッシュのクリア

[環境設定]-[ファイル管理]-[ビデオキャッシュの設定]-[キャッシュをクリア]

動画キャッシュのサイズ制限

[環境設定]-[ファイル管理]-[ビデオキャッシュの設定]-[ビデオキャッシュのサイズを制限]の[最大サイズ]を入力
※私の環境では3.0GB指定をしていましたが、前述の通り4.6GBに達していました。
 



以上。

広告を非表示にする