読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lightroom CC 2015.9がリリースされた

画像処理 PC

 2017/3/7にLightroom CC 2015.9/Adobe Camera Raw 9.9がリリースされました。
f:id:kachine:20170308175806p:plain

 更新内容については以下のURLの公式Lightroom Journal(英語)に記載されていますが、新機能は無くバグフィックスとカメラ・レンズプロファイルの更新だけのようです。
Lightroom CC 2015.9 now available

 なお、日本語では以下のページに更新情報が記載されていますが、上記の英文ページより内容が削られているのに加え、何を意味しているのか解らないレベルの不自然な日本語表記も混ざっているため、正確な情報は上記の英文を参照されることをお勧めします。
Lightroom CC の 2015 リリースの新機能の概要

 以下、Lightroom Journalの情報を元に更新内容を記載します。
 

修正された問題

 以下の21件のバグフィクスが行われたようです。

  • Upright error where the “Update” button was incorrectly enabled when Upright is unable to find a correction.
  • Lens Profile Auto Matching was not working for Zeiss Batis 85mm lenses.
  • Cursor movements on Point Curves were erratic
  • Issue related to abnormal Lightroom exit when using Full Screen mode. The issue only occurred on Mac OS 10.12 (Sierra)
  • Develop Module Locked after deleting images while using two displays
  • Live Photos created on iPhoto caused the JPEG to be treated like an XMP sidecar file
  • Instead of deleting currently selected photo, deletes face tag from previous viewed photo
  • Images from Canon EOS G7X MK II sometimes had a green color cast
  • Unable to change the image after deleting a rejected photo in develop module
  • Export was taking longer than expected.
  • Unable to import compressed raw files from Fujifilm XT-2 and X-Pro2
  • iPhone video Capture Time is shifted upon Import
  • Slideshow Export as JPG text overlay issue
  • If using 2-byte characters for catalog path, unable to backup
  • Problem with map module (Windows)
  • Cannot access Auto Import Settings form File menu
  • The zoom does not work properly after the update
  • Lightroom 6.8: Memory Leak
  • Keyboard shortcut X for rejecting an image in Library not available (French)
  • Erroneous warning message on Catalog Backup
  • Messing up file ordering with panoramas

 特定のレンズやカメラで発生する問題や、フランス語環境で発生する問題、(漢字などの)マルチバイト文字をカタログパスに使った場合の問題、マルチモニタ環境での問題など、特定条件下でのみ発生する問題が多く解消されています。修正されるのは当該条件に該当するユーザにとってはありがたいことですが、そもそもはAdobeが不十分なテストでリリースしてきたことの裏返しでもあるわけです。注目を集めるような新機能ばかりではなく、地味だけどとても大事な品質にも開発コストを割いてほしいものですね。

 また、全てのユーザにとって恩恵があると考えられる、"Export was taking longer than expected."や"Lightroom 6.8: Memory Leak"といったシステムリソース浪費系の問題も改善されたことになっています。ですが、Update後に空きメモリが少ない状態で現像設定を行ってみたところ、従来同様メモリを食い潰してくれました*1
f:id:kachine:20170308175828p:plain
 

新しいカメラとレンズのサポート

 直前のCamera Raw 9.8では"preliminary support"と限定的なサポートだったE-M1 Mark2が、Camera Raw 9.9ではフルサポートされたようです。また、GH5などが新規追加されています。
 (最近私が購入したYI M1は残念ながらリストにありません。空撮ドローンであり毛色は異なりますが同じく新興中華企業のDJI製品をサポートしていることですし、是非YIもお願いしたいところです。)

 



以上。

*1:相変わらずシステム搭載メモリの全てをLRで使用可能だと判断してそうなんですけど。

広告を非表示にする