USB電圧・電流チェッカーを買った

 下記投稿で紹介したDMM(Digital Multi Meter)と前後してUSBポートに装着するタイプの電圧・電流計も購入してみました。
wave.hatenablog.com

 スマートフォンデジタルカメラなどUSBポート経由で充電を行う機器が増えていますが、組み合わせによっては充電時間が長く感じることがあります。単なる気のせいか、実際に供給されている電力に差異があるのか、測定できればハッキリします。
 

外観

 CHARGER Doctorと書いてありますが、メーカーや型番の表記はありません。電圧は3.5~7Vで最大3Aの電流まで対応しているようです。
 USB TypeAのオス・メス両方のコネクタが付いていますので、オス側を電力供給機器に、メス側に充電したい機器などを接続するだけで測定可能です。DMMなど一般的なテスターでは電圧測定なら並列に、電流測定なら直列に接続する必要があり、電圧と電流を同時に測定することはできません。その点、このチェッカーなら機器間に繋ぐだけですので面倒なことは何もありません。
USB電圧・電流チェッカー外観
↑割とどうでもいいですが7セグLEDの保護フィルムが貼られたままプラケースに封入されてます。
 

動作状況

 電圧値と電流値が一定間隔で交互に表示されます。ほとんどの機器の組み合わせでは、電圧はUSB規格相当の約5V前後で安定している一方で、電流は大きく異なります。
USB電圧・電流チェッカー動作状況
↑USB接続のLEDライトを接続した場合の動作例(5.03V * 0.04A = 約0.2Wの消費電力と算出できます)。

 なお、デバイスを判断して出力電流を自動調整するタイプの充電器を利用してXperiaをマグネット端子で充電すると、流れる電流が極端に少ないことが判りました。体感でもかなり遅いと思っていたのが実証されてスッキリしました。
 

購入元

 Amazonマーケットプレースで購入しました。中国発送のため到着までに2週間程度かかりましたが、これで利益出るのかと疑問になるくらい激安(上記GIF中のLEDライトもおまけで付属)で、価格変動はあるようですが私が購入した際は200円を切っていました。使用頻度が高くないとしてもこの値段なら持っておいて損はないのではないでしょうか。

 



以上。

広告を非表示にする