Lightroom CC 2015.10がリリースされた

 2017/4/11にLightroom CC 2015.10/Adobe Camera Raw 9.10がリリースされました。
Adobe Creative Cloud Lightroom CC 2015.10 Update Notify

 更新内容については以下のURLの公式Lightroom Journal(英語)に記載されていますが、前回更新時と同様に新機能は無くバグフィックスとカメラ・レンズプロファイルの更新だけのようです。
Lightroom CC 2015.10 now available

 なお、日本語では以下のページに更新情報が記載されるはずですが、本投稿記載時点(2017/4/12 12:00)では未だ更新されていません。
Lightroom CC の 2015 リリースの新機能の概要

 以下、Lightroom Journalの情報を元に更新内容を記載します。
 

修正された問題

 以下の11件のバグフィクスが行われたようです(下から2つ目の一部のPanasonic機についての対応はバグフィクスというか機能拡充ですね)。

  • LrD Shows Captured Time as GMT Instead of Local Time for Videos Shot and Imported from iPhone 6.
  • Customers were unable to access the Auto Import menu item.
  • Presets listed under “Color Presets” were not available.
  • The audio balance slider in the Slideshow module did not complete mute the audio as expected.
  • Cursor movements on point tone curve behaved erratically.
  • Tone Curve points were not moving correctly with Wacom stylus.
  • Tone Curve freezes after several customer actions and drags.
  • File renaming on export was incorrect. Please note that this only occurred when using the “Cropped” token in the File Rename on Export dialog.
  • Fixed an issue where Hasselblad H6D-50c files that won’t load in Lightroom.
  • Added Camera Matching color profiles for the Panasonic FZ1000, Panasonic GH4, and Panasonic LX100 cameras.
  • Fixed a bug where we see unexpected behavior change: Local exposure + negative Clarity.

 見た感じ全てのユーザが体感できる修正ではなく、特定の機器や操作に伴うバグが改修されただけのようです。

 なおUpdate後の初回起動時には、以下のスプラッシュスクリーンが表示されます。
Lightroom CC 2015.10初回起動時スプラッシュスクリーン
 

新しいカメラとレンズのサポート

 個人的に期待しているYI M1のサポートはまだですが、Canon新モデルとPentax KPがサポートされました。

 また、レンズではApple OOWAというのが謎ですが、調べてみたところ以下のKICKSTARTAR発のiPhone用コンバージョンレンズがサポートされるようです。
OOWA -- Mobile photography's highest-quality lenses by OOWA — Kickstarter
 今回は興味深いことに最新レンズがサポート対象に追加されるだけではなく、FED Industar-61 52mm f/2.8やHelios MC 44-3 58mm F2といった何十年も前のMFオールドレンズも追加されています。

 



以上。

広告を非表示にする