ベルギーって何語?

 ベルギーチョコレートのパッケージに"Belgian chocolate"と書かれていました。

 チョコレートの綴りから英語表記だろうと思ったのですが、それなら"Belgium chocolate"ではないかと思ったのです*1
 で、調べてみたところ、英語の"Belgium"は「ベルギー」、"Belgian"は「ベルギーの」といった意味のようです。すなわち日本でいう、"Japan"と"Japanese"の関係に相当するようです。

 ちなみに、外務省のサイトによれば2016年で日本とベルギーが修好通商航海条約を結んでから150年となったそうです。単純計算して1866年に条約を締結したことになりますが、この年は薩長同盟が成立した年でもあります。日本が開国して間もない頃からの長いお付き合いのある国ということになります。
外務省: ベルギーという国 - 日本・ベルギー友好150周年

 ところで、Google翻訳で"Belgium"および"Belgian"を発音させると、カタカナ表記では「ベルジャム」「ベルジャン」的な発音に聞こえ、何れも「ベルギー」とは聞こえません。
 このことから察するに、日本語の「ベルギー」は恐らく英語圏ではない国に由来するのではないかと思われます。

 当のベルギーの公用語を調べてみると、オランダ語、フランス語、ドイツ語の3つだそうです。
 それぞれ、蘭語表記では"België"、仏語表記では"Belgique"、独語表記では"Belgien"となるようですので、この何れかが「ベルギー」的な発音なのでしょうか。
 ということで、改めてGoogle翻訳に発音してもらい、無理やりカタカナ表記にしてみると、蘭語「ベルヒエ」、仏語は「ベルジッキ」、独語は「ベギエン」的に聞こえます。
 どれも「ベルギー」っぽく聞こえる音はありません。

 ということで、何故日本語で「ベルギー」と発音・表記しているのかいまいち判りませんでした。
 ちなみに開国前から出島で交易のあったポルトガルでは"Bélgica"だそうで、「ベルジカ」的な音に聞こえますので、ポルトガル語由来とも考えにくいです。

 が、蘭語の"België"を英語として発音させてみると「ベルギー」と聞こえることに気付きました。
 開国して間もない頃、日本政府筋に近い蘭語に疎い英語圏の人が、日本で"België"をベルギーと呼んでいたとかそんな事情があるのでしょうかね?

 グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)を「イギリス」と呼称するぶっ飛んだ言語である日本語にしては、「ベルギー」は元の発音の面影が残っていると見るべきなのかもしれませんね。
 



以上。

*1:というか、個人的には"Belgian"という語を知らなかったということもありますが。

YI M1 firmware version 3.1-intへupdateした

 YI M1のファームウェアをVersion 3.1-intへupdateしました。
YI M1 V3.1-intダウンロードページ

 ダウンロードページやRelease Noteによれば、2017/12/19にリリースされたようです。

続きを読む

スーパーブルーブラッドムーンの記録

 先月末の2018/1/31に皆既月食となりました。
 今回は皆既月食(赤っぽく見えるブラッドムーン)だけではなく、月が地球に最接近し大きく見えるスーパームーンであり、1カ月中で2度目の満月となるブルームーンでもることから、スーパー・ブルー・ブラッド・ムーンなどとも呼ばれているそうです*1

 国立天文台によれば、日本中どこで見ても以下の時刻で状態が変化するそうです。

部分食の始め 1月31日20時48.1分
皆既食の始め 21時51.4分
食の最大 22時29.8分(1.321)
皆既食の終わり 23時08.3分
部分食の終わり 2月1日0時11.5分

皆既月食(2018年1月31日) | 国立天文台(NAOJ)

 当日は生憎曇りの天気予報となっており、「雲の隙間から月食が見れるかも」というニュアンスの天気予報が多かったため、まともに見れないだろうと諦めていたので完全に油断していました。が、皆既食の終わり頃に空を見たら雲なんてありませんでした。もっと早くに撮りに出かければよかった。

 というわけで、終わりごろからの画像しかありませんが、せっかくなので掲載します。

*1:メディアが適当にキャッチ―なネーミングを付けたわけではなく、NASAも"Super Blue Blood Moon"という表記を使っているようです。‘Super Blue Blood Moon’ Coming Jan. 31 | NASA

続きを読む