ハリケーン「イルマ」ではなく「アーマ」?

 現在アメリカで猛威を振るっているハリケーンの名称を「イルマ」と日本語メディアの多くでは報じています。
 個人的にはイルマと言えば埼玉県の地名の「入間」しか思いつかないのですが、どのような意味の語なのかも含め興味があったため調べてみました。

続きを読む

Camera Raw 9.12.1 (CC) がリリースされた

 2017/9/6にAdobe Camera Raw 9.12.1がリリースされました。7月のUpdate以降LightroomのUpdateは提供されていませんが、今回はCamera Rawのみのリリースとなっています。
Adobe Camera Raw CC 2015.12.1 Update Notify

 更新内容については以下のURLの公式Lightroom Journal(英語)に記載されていますが、Nikon D850と今夏発売になったNikon Fマウントレンズ群への新規対応と、Canon EOS 6D Mark IIのmRaw/sRawのマゼンタ被りの修正とされています。
Camera Raw 9.12.1 Now Available

 なお、日本語では以下のページに更新情報が記載されるはずですが、現時点では何も明示されていません。
Lightroom CC の 2015 リリースの新機能の概要

 以下、Lightroom Journalの情報を元に更新内容を記載します。

続きを読む

1インチセンサ&AF搭載アクションカムRX0が発表された

 SONYよりDSC-RX0が海外発表されました。
 報じているメディアにより、「アクションカム」「防水・耐衝撃カメラ」「超小型カメラ」といった具合に多様な枕詞がRX0に付与されていますが、本投稿ではアクションカムと表記します。
 なお、SONY自体は以下のように表現しています。

RX0 1.0-type sensor ultra-compact camera with waterproof and shockproof design

RX0 1.0-type sensor super compact camera with waterproof and shockproof design | DSC-RX0 | Sony US

 普通に日本語訳すれば「防水耐衝撃性を備えた1インチセンサ搭載超小型カメラ」といった内容ですので、コンパクトにまとめるなら1インチセンサ搭載アクションカムと表現してもあまり問題なさそうです。
 ですが、敢えてSONYはアクションカムやスポーツカムと言ったワーディングは避けているようにも感じられます。

 アクションカムはGoProが開拓したジャンルですが、安価な中華系メーカー製品に押されるなど、GoPro自身が販売不振に喘いでいることが報じられています。
 SONYHDR-ASシリーズ(FullHD対応モデル)及びFDR-Xシリーズ(4K対応モデル)のアクションカムを投入していますが、今回のRX0はDSC-RX0という型番からも明らかなように、アクションカムの製品体系とは異なっています。
 SONYの一眼カメラαシリーズは"ILCE-"で始まる型番ですが、レンズ一体型のコンパクトカメラは"DSC-"で始まる型番となっています。中でもRXシリーズはプレミアムなラインアップとなっており、ベストセラーとなっているRX100シリーズなどは有名でしょう。そこに新たにRX0が加わった形となります。

 これらのことから、メーカー的には既存のアクションカムとは異次元の高品質なカメラとして訴求したいのであろうことが伺えます。
 以下に、個人的な注目点を記載します。

続きを読む