音楽

MC-505派生モデルの違いを整理する

Roland Groovebox MC-505には派生モデル*1が複数存在します。Groovebox D2, Groovesynth JX-305, Groovebox MC-307がそれに該当します。 これらのモデルはタッチパッド、鍵盤、フェーダーが付いていたりと、コントローラや外見はかなり異なりますが、MIDIイ…

JD-800 No.53 Pianoの構造を調べる

Roland JD-800の通称53番ピアノこと、I-53 Ac.Piano 1の構造を調べたので記録に残しておきます。

古めのソフトシンセをインストールしたらWindows10が起動しなくなった対応

とあるソフトウェアシンセサイザーをインストール後、PCを再起動したらブルースクリーンで起動しなくなりました。 原因が判った今となってはこう書けるのですが、当初はソフトシンセを入れたらシステムが壊れるとは全くの想定外で原因が判らず、OS再インスト…

BLE-MIDI音源モジュールを作る

半田付け不要かつ予算3000円程度*1で十分な、BLE-MIDI接続の音源モジュールを作成したので紹介します。 ※今までに無いような新しい音や、よりリアルな音を追求するような目的の音源モジュールではありません。チップ単体では僅か数ドルで供給される安価な市…

BehringerがMiniMoogの回路を基にしたModel D Soulを発表

今月初頭にかけて毎日のように新製品発表されたBehringerの小型シンセサイザシリーズですが、どうやら"Spirit/Soul micro synths"といった感じで呼称しているようです。各モデル名の隣に何か筆記体で印字されてるなとは気づいていましたが、それぞれJP-4000 …

聴こえない反戦メッセージを音楽に埋め込む

ウクライナ侵攻に反発し、海外ではロシアの無線に対してジャミングを仕掛ける人もいるようです。例えば、ほぼ一日中ブザー音が聞こえるだけで目的不明のThe Buzzerとして知られるUVB-76もジャミングで妨害されているようです。 https://www.rtl-sdr.com/tag/…

BehringerがMS20開発者によるHiro tribeを発表

ここ数日に渡りFacebook上でBehringerの怒涛の新製品発表ラッシュでしたが、これが最後のようです。 KORG MS20開発者のHiroaki Nishijima氏の設計によるHirotribeが発表されました。その名からElectribeやMonotribe的な機材と察せられますが、Monotribeを進…

BehringerがOberheimシンセを模したUB-1を発表

この数日BehringerがFacebookで新製品発表を続けていますが、新たにUB-1が発表されました。 UB-1はJP-4000、ProVS、Saturnと同じフォームファクタの製品に見えますが、ProVSやSaturnの想定価格99USDとは異なり、JP-4000同様に想定価格49USDと激安な代わりにD…

BehringerがJupiterを模したSaturnを発表

つい数日前にRolnad JP-8000を模したJP-4000が発表されたのを下記投稿で紹介したばかりですが、今度はRoland Jupiterを模したと思われるSaturnがBehringerのFacebookで発表されました。 wave.hatenablog.com JP-4000と同時にベクターシンセのSCI Prophet VS…

BehringerがJP-8000を部分的に再現したJP-4000を発表

BehringerがJP-4000のlaunchをFacebookで発表しました(2022/2/25)。対象国は不明ですが6月に出荷開始予定のようです。

Behringer TD-3が値下げで1万円以下に

いわゆるRoland TB-303クローンとしてドイツの格安音楽機材メーカーBehringerがリリースしているTD-3が価格改定で値下げされ、1万円を大きく下回る8800円になったようです。 Behringerの一部製品が価格改定による値下げを発表!TD-3やRD-8などがよりお求めや…

Roland Boutique JU-06の制御情報詳細

JUNO-106を再現したシンセサイザーとして2015年にJU-06が本家Rolandからリリースされました*1。物理的に稼働可能な個体が減っていたり、それ故に高額で入手困難な過去の機材が再びリーズナブルな価格で再発売されるのはファンとしては嬉しいものです。私もJU…

Roland DUO-CAPTURE/TRI-CAPTUREはLinuxで使用可能

RolandのUSBオーディオインタフェース製品であるDUO-CAPTURE(UA-11)、TRI-CAPTURE(UA-33)を入手しました。いずれも2011年発売で約10年前の製品ということになります。

Roland JD-800系のフィルター採用機とか

著名ミュージシャンも愛用する90年代デジタルシンセサイザーの名機にRoland JD-800があります。 実機を一目見れば解りますが、パネル上に大量のコントローラを搭載して音作りがしやすい点が最大の魅力でしょう。優れた点は他にもいくつかありますが、JD-800…

シンセサイザーのDAC/ADCまとめ

主に90年代のデジタルシンセサイザー・音源モジュール・サンプラー系の機材に使用されていたDAC(とADC)の情報をまとめます。 実際に実機の中身を確認したり基板画像から識別したものや、各社のサービスマニュアルをソースとしていますが、誤りがないことを保…

OPZとAFMのWaveformを再現する

以下の投稿でYM2414 (OPZ)搭載機の実機のOperator波形を観察してみた結果、プログラマティックに容易に生成できそうなことが判りました。 wave.hatenablog.com 本投稿では、実際にOPZと同様のOperator波形を生成してみた結果を紹介します*1。また、サイン波…

YAMAHA YM2414 (OPZ)のWaveform

YAMAHA DX7に代表される6オペレータFM音源のYM2128 (OPS)や、DX21系の4オペレータFM音源のYM2164 (OPP)ではオペレータの出力波形はサイン波のみでした。後の4オペレータFM音源YM2414 (OPZ)では8種類の波形を選択することができるように機能拡張されました。

20世紀のKORGのFMシンセサイザー

FM音源はYAMAHAが製品化したことは有名ですが、21世紀に入ってからKORGもFMシンセサイザーを発売しています。2016年のvolca fmや2020年のopsixがそれです。 実は20世紀にもKORGからFM音源を搭載したシンセサイザーが発売されていました。1986年のDS-8と1987…

digidesign MBox2のFirmware Updateが出来なくて困った⇒解決

1995年にAVIDに買収された、digidesignのUSBオーディオインタフェースMbox2をLinuxで使用するために入手しました。 が、現行の機器ではFirmware Updateできなくて困ったので、Update成功までの試行を記録しておきます。※試行順に時系列で記載してますので、…

Roland GR-50の音源部はD-10相当のLAシンセ

知らなかったので単なる備忘録です。 Rolandの1988年頃のギターシンセサイザーGR-50という機材を見かけまして、この音源部は何に相当するのだろう(或いは固有の実装なのか)?と思い調べた結果をメモしておきます。 結論を先に書いておくと、タイトル通り同社…

KORG microPianoのMIDI改造

前々から気になっていたKORGのmicroPiano*1をついに買いました。KORG MICROPIANO マイクロピアノ ミニ鍵盤61鍵 レッド 61曲のデモソング内蔵 自動演奏可能KORG(コルグ)Amazon 改めて調べてみると2010年11月発売で、既に10年以上のロングセラーモデルとなって…

RaspberryPiシリーズでUSB-MIDI INは実用にならない

RaspberryPiをターゲットにシンセサイザーを作っていたのですが、どうも挙動が不安定なのです。 MIDIイベントを取りこぼしているようで、NOTE OFFを拾い損ねて音が鳴りっぱなしになることがランダムに発生します。 自分で作っているのでコードが悪いのだろう…

KORG volca beatsのP.Er.1を解消する

電源を入れるとP.Er.1表示で固まってしまうという症状の、ジャンクのKORG volca beatsを入手しました。 KORG volca beats freezed with P.Er.1 この状態から、正常に起動する状態に復帰できたので以下に記載します。

M-Audio OMNI I/O基板を観察する

現在では既に対応製品も発売されておらず、メーカーサポートも無く、マニュアルPDFすらダウンロードできない骨董品のM-Audio OMNI I/Oを入手しました。 現在、オーディオインタフェースは国内外の多様なメーカーから発売されていますが、OMNI I/Oはちょっと…

KORG KA161の代替を探す

KORG N1RをACアダプタ欠品の状態で入手しました。ところが、N1Rの電源入力はあまり一般的とは言えない端子形状をしています。 KORG N1R電源端子 この端子に適合するN1R用の純正ACアダプタを調べてみるとKA161と出ますが、既に販売終了・代替なしとなっていま…

KORG AI2 Synthesis Systemの音源モジュールの違いを整理する

90年代のKORGのシンセサイザーの音源システムだったAI2 Synthesis Systemの音源モジュールは色々ありますが、シリーズ名の統一性が無かったり、同じAI2 Synthesis Systemを名乗りつつも機能が違ったりと、判りにくくもあります。個人的な観点から、その主要…

Kurzweil K1000シリーズについて

情報があまり多くないので、Kurzweil K1000シリーズ辺りの情報を調べた結果を備忘を兼ねて掲載します。 古いモデルについての情報は少なく、リリース当時と現在での評価基準も異なります。ネット上で若干見つかる古めの記事と、現在での評価基準もまた異なる…

M-AUDIO Audiophile USBを買った

本投稿を書いているのは間違いなく2021年の話ですが、AV Watchの記事によれば製品自体の発売開始は2002年12月~2003年1月だったようです。というわけで、20年近くも前のUSBオーディオインタフェースを入手したことになります。 M-Audio、24bit/96kHz対応のUS…

ハード音源の適切なサンプリング周波数

現在でもDAWでソフトウェア音源を鳴らすだけではなく、DAWからMIDI経由で外部のハードウェア音源を鳴らすという人も少なからずいると思います。 ですが、楽曲中で動的にパラメータを変更して音色変化させるのでなければ、サンプリングしてしまえばほぼ同じ音…

TX16Wx用プログラムを公開しました

サンプラープラグインのTX16Wx用音色プログラムを公開しました。 github.com