AQUOS sense SH-01KにUpdateが来た(2020年1月)

 初代AQUOS sense SH-01Kに、2020/1/15付でUpdateが降ってきました。
 docomo公式によるとアップデート内容は以下の通りで、詳細不明ながらも品質改善と、セキュリティパッチ更新のようです。

アップデート内容

改善される事象

  • より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
  • セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2019年12月になります。)

AQUOS sense SH-01Kの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

続きを読む

Q506/MEのリアパネルとバッテリの取り外し

 年始にジャンクのFujitsu ARROWS TAB Q506/MEがイオシスで格安で放出されていました。
 ジャンク理由はバッテリ膨張のためだそうで、私が購入した個体はキャップ類の欠損や筐体の傷なども特にありませんでした。付属ケースにはそれなりに使用感がありますが、端末本体についてはバッテリを除けばかなり程度の良い状態でした。

 なお、このQ506/MEのバッテリ膨張について、ASCIIなどでは使用上問題ないとメーカーがアナウンスしていると記されています。
https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/438/438531/

バッテリー膨張と聞くとやや不安だが、メーカーでも「使用する上で問題はない」とアナウンスしており、基本的な運用には問題なさそう。

年始にアキバで数百台が売れた、税込2,020円のジャンクWindows 10タブが再入荷 - エルミタージュ秋葉原

なお、やや心配なバッテリー膨張については、「メーカー側でもバッテリー膨張による使用に影響はないとアナウンスしている」(ショップ)とのことで、実際の運用上における問題はないようだ。

 ですが、富士通のサイトを検索してみた限りでは、上記のようなアナウンスは発見できません。膨張した状態のリチウムイオンバッテリは、一般的には安全上問題がある状態と見做されているはずです。
 というわけで、安全性の観点から膨張したリチウムイオンバッテリを取り外して使用したいと考えました。

【警告】
※Q506/MEのバッテリは近年の殆どのスマートフォンタブレットと同様にユーザーが交換可能な構造になっておらず、取り外しには分解が必要でメーカー保証外*1の行為になります。
※本記事を参考に分解などの作業を行った結果、端末の故障などの問題や、リチウムイオンバッテリの爆発による家屋延焼などの被害が生じても私は一切責任を負えません。自己責任で実施できない方はメーカーに修理扱いで作業を依頼してください。

*1:そもそもジャンク品なのでメーカー保証は無いですけど。

続きを読む