専用ソフト無しでSSDのクローン作製とパーティション拡張

 OS等のシステムを含んだHDDやSSDの換装時に、使用中のDISKから新たなDISKへと全データをコピーする、いわゆるDISKクローニング用のソフトは一昔前までは無料のものがいくつかありました。しかし現在では無料のものは無くなってしまったようです。いくつかのSSD/HDDメーカーでは自社製品で使えるクローニング用ソフトが提供されているようですが、そうではないメーカーの製品の場合は自力でどうにかするしかありません。

 ところで、円安傾向が戻り切っていないにもかかわらず、2022年末辺りからSSDの市場価格が大きく下がっています。

 そこで、現在使用中のノートPCの約500GBのSSDの空き容量が逼迫していることもあり、換装用に1TBの製品を購入しました。ノートPC自体を新調したいという思いもあるので、特に換装用SSDの製造元にはこだわらず単に価格だけで選定しましたが、クローニング用ソフト(のライセンス)は付属していないため、自力でどうにかした手法を記載します。

警告
コマンドを間違えるとシステムやデータがいとも簡単に破壊されます。意味を理解せず(お使いの環境に適したパラメータに変更せず)、記載のコマンドをそのままコピペして実行した場合も破壊される可能性があります。如何なる損害が生じても著者は一切責任を負いません。

続きを読む

ADTECのUSBPDトリガケーブルとチャージャー

 最近のノートPCはUSB-PDで充電可能なモデルがかなり多くなっています。
 USB-PDで電力供給されるための端子を備えていない機器をUSB-PDチャージャーで動作させたい。と思ったら、比較的怪しいUSB-PDトリガケーブル(或いは基板)を使用して、所望の電圧を取り出すことになります。もちろん、メーカー保証も無く自己責任ですが。
 この類のUSB-PDトリガはノーブランドの中華製品ばかりで、比較的大電力を扱うこから異常時を考えると常用するのはちょっと怖い感じがあるのですが、まともな日本企業の製品があったので購入してみました。既に約1か月使用したので、レビュー書いておきます。

<<警告>>
非純正ACアダプタの使用は自己責任となります。万一事故が発生しても、著者は一切責任を負いません。

続きを読む